--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月20日 (木) | Edit |
コンフェデ グループリーグ第二戦
日本3-4イタリア

総括
日本の相手はイタリア イタリアの相手は高温多湿と中二日
日本の動きが良かったのか、イタリアの動きが鈍かったのか
そんな中での試合は日本の試合下手とイタリアの試合巧者で決着!
ブラジルとイタリアに連敗した日本はこの時点でグループリーグ敗退が決定
威勢の良い言葉を吐いていた本田・長友だったが結果はこれだなぁ  まぁそうでしょう

で 試合内容は

試合開始から前線からのプレスが利いて主導権を握った日本
PKと香川の技ありのボレーで2点を先制
しかし前半終了近くにイタリアがセットプレーから得点
この辺りから流れがイタリアへ。その後の猛攻をしのぎ前半を2-1と日本リードで終わる。
後半も流れはイタリア。後半7分までにオウンゴールとPKで逆転される
逆転したことで守りに入ったイタリアに対し序所に流れを取り戻した日本。
後半中盤には足が止まったイタリアに対しセットプレーから岡崎のヘディングシュートが決まり同点!
勢いに乗った日本はその後も攻めるが後半終了間際、カウンターから押し込まれイタリアが勝ち越し。
ねばった日本だか得点は奪えず試合終了

この試合のポイントは経験の差なんじゃないかな
これはどうしようもないことだけれども・・・

ニュースなどでは 日本良くやった とか言ってるけどそうは思わない
この試合は勝てた試合、それも僅差ではなく 完勝しなくてはいけない試合だった
完勝出来るようになるのに後どれくらいかかるのだろうか・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。